理事メンバーの御紹介 (4)

  • 2020年06月04日
catch

*理事 成田カイリ / 俳優 ナレーター

1. プロフィール

小学生の時から将来は役者になると決め、高校卒業後に劇団青年座に入所。

現在に至るまで舞台を中心に演劇、映画等に数多く出演しています。

声のみアクセント預かりとして、テレビ・ラジオ等でのナレーションも多数。

今年より東京と千葉の2拠点生活を始め、仕事、自然、農の暮らしの充実を目指して挑戦中。

2.当団体に関わるようになったきっかけは?

同級生でもある代表から誘われたのが直接のきっかけですが、美香さんとも同じ高校の一つ後輩という、この不思議に繋がる御縁が全てですね。

3.当団体で御自身のスキルを活かせる部分は?

演劇活動で関わっている童話劇があり、障害を持った子供たちと共演したことがあります。

演劇の根幹にある完成の共鳴、心が通じ合うことは、老若男女や障害の有無も超える体験をさせてもらいました。
30年培ってきた役者の経験を通して、この活動に貢献できればと思います。

4.今後どのような活動をやっていきたいか?

これまで同様に演劇、映画、ナレーションの仕事で、心ある創作者との出会いを重ねていけたら幸いです。

変わりゆく時代や社会、価値観に左右されず、自然界や普遍的な理り(ことわり)の大切さを忘れず、日々を大切に生きてゆきたいです。

5.コロナ禍における今、皆様に伝えたいメッセージは?

人は皆必ずこの世を去る日が来る。

江戸時代には無かったと言われるガンも今や死因の第一位。

コロナの恐怖も最終的には死の恐怖だろうけれど、大事なのは生き方。死ぬまでどう生きるか、生き切るか。

日々の人生をより豊かに、より楽しく、より充実させること。それしかないように思うに至っています。

コロナでいろいろ考えさせられました。

最近のNews